空気はカラッとしていて、息苦しくありません

体をあたためるというと、

「暑そう」「息苦しそう」

というイメージをお持ちかもしれませんが、陶板浴室内の温度は約42~43℃とあまり暑くありません。

そして湿度が約10%~20%と低いためカラッとしているので「息苦しいのが苦手なんだよなぁ」といった方にもおすすめです。

実際にご体感いただいたお客様からは、

「息苦しくないから気づいたら眠っちゃいました」

といった感想をよくいただきます。

 

シックハウス対策で体に優しい空気環境

「シックハウス症候群」という言葉を知っていますか?

シックハウス症候群とは、建物から出る化学物質によって起こる、頭痛や目の痛み・かゆみといった様々な健康被害の総称です。

建築材料や家具などから発散される有害化学物質が、人間の粘膜を刺激したり神経を傷つけたりすることで、様々な症状が引き起こされるのです。

シックハウス症候群対策として、当店の内装には、珪藻土の塗り壁材「リバースコート」を塗っています。

リバースコートは建築材料などから出る有害化学物質を低減してくれる効果があるため、当店の空気環境は有害化学物質の少なく体に優しい環境となっています。

有害化学物質が老化の原因!?

呼吸をした時などに私たちの体内で自然に発生する活性酸素。

この活性酸素が過剰に発生すると、体の酸化や老化、そして様々な病気の元となることが近年明らかになってきました。

活性酸素は体内に入ったウイルスや細菌を退治する役割を持っていますが、その数が過剰になると体を酸化させてしまいます。

この活性酸素が過剰発生する原因のひとつとして「化学物質が体内に取り込まれること」が挙げられます。

陶板浴の建物では、リバースコートによって有害化学物質が低減されるので、活性酸素過剰発生の原因となる化学物質を長時間体内に取り込んでしまうのを減らすことが可能になります。